重要な消化管

病院の手術室

人体が活動するためには、体を構成する60兆個の細胞に栄養を届けなければなりません。活動に必要な栄養は食事で摂取されます。食べ物を口から摂取して栄養を体内に取り入れます。口で咀嚼されて小さく砕かれた食物は、胃腸で消化、吸収されます。
そして、吸収されなかった食べかすなどを肛門から便として排出します。
この食事から排泄までの一連の流れが人体の活動を支えています。このような、身体に必要な栄養を得る為に必要な器官を消化管と言います。
身体の健康にとって消化管は非常に重要な働きをします。消化管に異常が発生した場合は、胃腸科、内科、肛門科などの消化器科で受診しましょう。

消化管と呼ばれる期間はどのような器官でしょうか。
食道、胃、小腸、大腸、十二指腸球といった器官が消化管にあたります。
消化管の異常が発生した場合は、患部に適応した医院で処置を受ける必要があります。
胸焼け、吐き気、食欲不振、胃もたれ、腹痛、下痢、血便などの症状が出た場合は、内科や胃腸科、肛門科の診察を受けるとよいでしょう。
このような症状は、口から肛門にかけてつながっている消化管の異常によって引き起こされている可能性があります。
症状が酷くなければまず内科を受信して、より専門的な医療が必要な場合は胃腸科、肛門科が適しています。

消化管によって消化された残りカスは、肛門から排出されます。肛門の疾患の場合にも、胃腸科、肛門科で治療を受ける事ができます。
消化から排泄に関わる器官の健康を保ち、健やにいきいきと過ごせるようにしましょう。